世相を観察し蒼瓢箪が言いたい事を書き募るブログ


by samit43

水没した車の修理

8月に車が水没しました。
トヨタのシエンタです。
大きな水溜り(車の高さの半分ほど、窓枠の10センチほど下)を走り抜けた状況で、床やラゲッジスペースが水溜りになりました。
車両保険を使いネッツで修理しましたが、3ヶ月たった今、エンジンから異音がするようになり、再度ネッツに修理に出しました。
エンジンオイルとフィルターの交換をしたけど治らず、挙句の果てに34万円の見積もりを出されました。
走らなくなったのであれば、ディーラの対応は腹立たしいものです。
数日放置して、水が乾いたらとりあえずエンジンはかかった!だからカーペットだけ交換してユーザに返してしまおう!という対応の可能性が高いと思います。
水没したら電気系統のトラブル(数日~数ヶ月経過しての電極の腐食)や、吸気系のトラブルなど、後から出てくる問題も考慮して部品交換するのが当たり前だと思います。
もっと言えばエンジン載せ替えくらいまで考えてもおかしくないと思いますね。

このあたりの事実関係を明確にして、それでもディーラの謝罪や補償が得られないのであれば、小額訴訟や弁護士さんへの相談も視野に入れたほうがいいかもしれません。(ただし、冒頭に書いたあなたの落ち度がどこまで影響するか微妙です)
あと詳しくないので申し訳ないですが、消費者相談センターなども相談に乗ってくれるかもしれません。
交渉の上手な人は、ディーラの対応の悪さを、ディーラの本部やトヨタ本社に言ったりして改善要求をしたりする人もいらっしゃるようです。
[PR]
by samit43 | 2011-11-10 08:16 | 日記